暮らしの工夫&メンテナンス

雨の休日のお家時間に「スマホのホーム画面」をオーガナイズ。

個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サポートをしている、
横浜在住のライフオーガナイザーⓇ・ヤマモトアキコです。

台風が近づく雨降りの週末ですね。

ただでさえ出かけるのが億劫になるところに加えて、夫がどうやら体調不良な様子。
二日酔いかと思ったら風邪も引いているらしい。気づかなかったなあ。。。

家でのんびり過ごすことにしたものの、自宅の片づけ(オーガナイズ)は気が乗らないし、
なにより夫が眠っているのを見ると私も眠くなってくる(笑)

夫が寝ている横でゴロゴロしては眠り、起きて少し何かをしてはゴロゴロして眠りと
惰眠をむさぼる1日になってしまいました。

そんなだらしない日に唯一できた実のあることがスマホのホーム画面のオーガナイズです。

*     *     *

私が使っているスマホはiPhoneSEです。
で、ホーム画面には必ず1つ以上のアプリアイコンを配置しなければならないと思っていたんですが、
画面の1枚目だけは例外だということをひょんなことから知りまして。思い込んでいたから調べもしてなかった。

設定した背景画像がアイコンの陰に隠れてほとんど見えないのが残念だとずっと思っていたので、
ホーム画面の1枚目から他の画面にアプリを全部移動させました。

全部移動・・・1つずつアイコンを移動させるとっても地味な作業(笑)
結果、ホーム画面の1枚目からアイコンが無くなり、背景画像がよく見えるようになって大満足

ホーム画面が1枚キレイになったら他の画面も気になってきたので、作業を続行。
アプリを整理することにしました。

そもそも入れているアプリの数はあまり多くないんですが(使用頻度の差はあるけど、ホントに使うモノだけです)
さらっと見直して使わなくなったアプリを1~2個削除して、グルーピング(フォルダ分け)も変更。

スマホに初めから入っていたアプリや今は使わないけど削除するのはためらわれるアプリは
保管用に「いらない?」フォルダを作ってその中に入れています。
持ちモノの見直しをするときに使わないけど残しておきたい「保管箱」や「思い出箱」を作るのと同じですね。

ということで、すべての作業の結果はこんな感じです。

オーガナイズ前はフォルダをあまり活用しておらず、ホーム画面をフォルダ代わりにしていたので、ほとんどのアイコンは剥き出し(?)の状態でした。

アプリを起動するときにワンタップで済むのがラクなような気がしていたんですが、画面を切り替える手間とフォルダをタップする手間は同じだとオーガナイズしてみて気づくという(笑)

むしろ1画面ですべてが収まっていて一覧できる方が使い勝手がいい・・・いままではなんだったんだろう。
地味な作業でしたが、やってよかったです**

*     *     *

ちなみに、今回「スマホのホーム画面をオーガナイズ」したきっかけは、
静岡県沼津市のマスターライフオーガナイザーⓇ・西川明美さんのブログ記事でした。

デスクトップの片づけ(スマホ編)

よい機会をいただいて感謝しています。




【お知らせ】


■オフィシャルサイトを開設しました

ご提供中のメニューなどはオフィシャルサイトにてご案内中です。
どうぞ覗いてみてくださいね!



ピックアップ記事

  1. 築24年・2DKの賃貸マンション。(まだ)新婚夫婦の新居の話。

関連記事

  1. 暮らしの工夫&メンテナンス

    モヤモヤ気分や悩みごと。書き出すと解決の糸口が見えてくる。

    個人宅の片づけコンサルティングや片づけ作業サポートをしている、横浜…

  2. 暮らしの工夫&メンテナンス

    今年の私は家計「メモ」

    ※初出:アメブロ 2016/06/19大学を卒業した社会人初年…

  3. 暮らしの工夫&メンテナンス

    まるで箱のようなカゴバッグは、紙袋の2個使いで中を仕切って使いやすく。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  4. 暮らしの工夫&メンテナンス

    たっぷりイクラのお裾分け!醤油漬けは2つの調味方法を試してみました。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

最新の記事

  1. 価値観をあわせる・認める

    夫が放つ「魔法の言葉」。
  2. 和室(寝室)

    手が届きにくいベッド下の掃除は基本的にルンバにお任せ!するための下準備。
  3. 私の複業ライフ

    私に「ちょうどいい働き方」を考える【その6:ようやく応募にこぎつける】
  4. スキルアップ

    いくらでも向上させたい!コミュニケーション・ワークショップに参加し始めました。
  5. 問わず語り

    悩む・迷うという贅沢。
PAGE TOP