基本の「き」

家の片づけは「脱・インスタ映え」。大切にすべきなのは他人の目ではなく、自分の暮らしやすさ。

個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サポートをしている、
横浜在住のライフオーガナイザーⓇ・ヤマモトアキコです。

2017年の新語・流行語の年間大賞だった”インスタ映え”。
片づけ・収納に関しても、SNSで評判を呼んだりや雑誌などのメディアに取り上げられるのは
写真映えのする細部までスッキリととのった家や部屋や収納の写真が多いです。

ともすれば、こういう状態が”正解”だと思いがち・・・ですが、
これらは”片づけ界の最高峰”ととらえれば良くて、万人が目指す必要はないと私は思っています

*     *     *

インスタ映えするモノゴトって「他人目線での評価が高いモノゴト」ということかなあ、と。

ゆっくりと寛いだり、趣味に打ち込んだり、家族と談笑したりして過ごす場所であるはずの自宅。
お客様でも招いたり自分でSNSなどに載せでもしない限りは他人の目に触れることはないですから、
そこで日々を暮らす自分(と同居人)の好きに、自由にできているのがいちばんです。

同じく2017年の新語・流行語の年間大賞だった「忖度(そんたく)」にも表れているように、
他人基準で動きまくりな世間でまいにち頑張ってる私たち。
自宅でも他人のことばかり気にして窮屈な思いをするなんて、やってられなくないですか?

*     *     *

だからといって、片づけが全く不要だというわけではなく

他人目線での評価でなく自分(と同居人)の暮らしやすさでご自分の家や部屋を見て、
暮らしやすさ(と衛生面と安全面)に問題や不満がなければそれでOKですが、
引っ掛かるようであれば、そこには何かしらの改善(つまり、片づけ)が必要だと思います。

自力で勧めるなら、何に引っ掛かりを感じるのかを大小関わらず考えてみて(書き出すとベター)
引っ掛かった内容や不満をそっくりそのままひっくり返すと解決方法の”方針”がわかります
たとえば、「食事のたびにテーブルのうえを片づけている→食事のたびにテーブルのうえを片づけなくて済む」みたいな感じ。
方針がそのまま解決手段であれば実行に移して、そうでない場合は具体的な手段を調べるといいです。

自力でこれらの一連のことをやり切れない場合は、プロのサービスの出番です。
私はもちろんライフオーガナイザーⓇは大勢いますし、カジタク(イオングループ)のサービスも。
上記3点はサービスの案内ページや情報検索ページにリンクしています。

まずは”自分の暮らしやすさ”から始めて、決めた方針を基準に外の情報を取り入れる
片づけはその方がうまくいくように思います。

*     *     *

ちなみに、片づけサービスを提供している私ですが、インスタ映えな自宅には関心がありません

私自身が「効率や機能性が良ければ、ぱっと見の美しさは完璧でなくても構わない」こと、
同居人である夫が「モノが何も出ていないような”白い家”は落ち着かない」ことが理由です。

でも、私の「完璧でなくても構わない」は、夫からすると「ほぼ”白い家”」だったようで(苦笑)
ふたりで擦り合わせたときの話も、またそのうちにご紹介しようと思います**




【お知らせ】


■オフィシャルサイトを開設しました

ご提供中のメニューなどはオフィシャルサイトにてご案内中です。
どうぞ覗いてみてくださいね!



ピックアップ記事

  1. 築24年・2DKの賃貸マンション。(まだ)新婚夫婦の新居の話。

関連記事

  1. 暮らしの工夫&メンテナンス

    まるで箱のようなカゴバッグは、紙袋の2個使いで中を仕切って使いやすく。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

最新の記事

  1. 洋室(居間・リビング)

    夫婦一緒の家で過ごす初めてのクリスマスに向けたデコレーション。
  2. 情報収集(本とか色々)

    餅は餅屋、法律は法律屋~特定商取引法と個人情報保護法の基礎を学ぶ。
  3. 私の複業ライフ

    新しい会社で働き始めて4週間の、率直な私の気持ち。
  4. 暮らしの工夫&メンテナンス

    まるで箱のようなカゴバッグは、紙袋の2個使いで中を仕切って使いやすく。
  5. 洋室(居間・リビング)

    イメージできないモノは原寸大で検証。我が家の壁掛け時計の話。
PAGE TOP