物との付き合い方(入手・処分)

ココロがうきうきなんて生ぬるい。私にとって本当の「ときめき」は暴力みたいなモノ。

先日、8/27(日)のお昼前後は渋谷駅周辺にお出かけ。
目的は愛知県瀬戸市のセレクトショップ・アトリエトレさんの「東京ピン打ち会」です。

このピン打ち会は衣類のリメイク相談&商品の展示即売がされる
いわば「出張アトリエトレ」だと聞いていたので、とても楽しみにしていたんですよね。

アトリエトレのオーナーである加藤さんは「白パンツ(ズボン)問題」のときに大変お世話になった方。

穿いているところを見ていただきたくって、この日は張り切って白パンツを穿いて行きました(笑)
行動で示すのがいちばんのお礼かな~と思ってます。

コダワリを感じる扱い商品を見て大満足でした。

トレさんがSNSやブログに投稿されている扱い商品は、リメイク品もセレクト品も本当に魅力的

リメイク品はいつも、持ち主さんがうらやましくなるほどステキに変身しているんですよね。
セレクト品はリメイクを取り仕切るオーナーの加藤さんのセンスで選び抜かれているわけですから、
そのステキさは推して知るべし、です。

実際のところ、私自身はオシャレとはとても言えませんが、
自分なりに似合うと感じる or 好きな服を着るのは好きだし、なれるならオシャレになりたいし、
何より私の「スタイル」が感じられるモノを身につけたいと思っています。

そんな思いもあって、普段はファストファッションやデパートブランドしか見ないから、
上質なモノ・いいモノを知っている人が選んだコダワリのモノを見てみたいなと思ったんですよね。
たぶん、私には圧倒的に知識や経験が足りないから、片鱗だけでも触れてみたい、と。

そんなこんなでかなりドキドキしながらおうかがいしたんですが、
東海三県(愛知・岐阜・三重)のおやつと共に、オーナーの加藤さんがにこやかに迎えてくださいました。

並べられている商品は写真で見てはいたけれど、
実物はもっと華やかだったり、想像以上に手が込んでいたり、ちょっとしたところが凝っていたりと、
総じてなんだかパワフルな感じ

オススメのスカートやワンピースを試着しながら、
私の身体の特徴や活かし方、苦手意識を克服するためのコツなんかを教えていただきました。
選りすぐりのお取り寄せおやつも美味しかった・・・審美眼ってこんなところにも発揮されるんですね。

勧める時の加藤さんはとっても率直でしたね。
本当はこちらを勧めたいけど高価すぎ、こちらなら通年着られて、お得感があっていいと思う!とか(笑)

楽しかったな~。ホンットに楽しかったです。

暴力的な「ときめき」を久し振りに感じました。

実は今回の私、セレクト品の中でも蜷川実花コレクションが特に見てみたいなと思っていたんです。
写真でも圧倒される感じだったので実物はさぞ・・・と。

でも、まさか自分が買うことになるとは思っていませんでした(笑)

試着はしてみたいな~と思っていましたが、かなり高価だし今の私には買えないかな、って。
でも、試着したらダメだった。震えるほどのときめきを感じてしまって抗えず、です。

私が日用品以外の買い物をするときって、ぱっきり2つのパターンに分かれます。
めちゃめちゃリサーチしたり/比較検討をしたり/考え抜いたうえで購入するか、
そういうのもうどうでもいいし、と思うほどのときめきを感じて購入するか。

そして、私がときめきを感じる時は「ココロがうきうきする」程度ではおさまらなくて、
眉間が開く感じ・殴られたような衝撃・血が逆流する感じ・・・など身体に反応が出るんですよね。
ちなみに、ココロがうきうきする・わあカワイイ!と思う程度だったら、リサーチや比較検討したうえで買うモノと認識します。

たいていの場合はどれかひとつの反応が出るんですが(いちばん多いのは「眉間が開く」感じ)
今回は眉間が開く感じ+頭がグラグラ+胃の辺りが冷たいとフルコースな感じで(笑)

ひとりで静かに大騒ぎ。こんなにときめいたのは久々でした。

持ちモノを増やしたくないなら「ときめき」の見極めは肝心だと思う。

私がライフオーガナイザーⓇへの道に踏み込むキッカケになったのはクローゼットでした。

こんまりさんの書籍を読んでととのえた家のなかで、唯一納得のいく状態にならなかった場所。
こんまりさんの代名詞ともいえる「ときめきを基準にしたモノの仕分け」がハマらなかったんです。

当時の感覚だと、手持ちのほぼすべての服に「ときめき」を感じていましたから(笑)
むしろ「ときめき基準の片づけ」にとっても忠実だったのかしら?

でも、自分の身の回りを片づけて(オーガナイズして)いく過程で、
だんだんと「ときめきの強さの違い」がわかるようになってきたんですよね。

それに伴って私自身の「ときめき認定」の基準も上がっていった結果、
衣類の手放し/入手も(自分比で)うまくなったし、納得のいくクローゼットを実現できています。

持ちモノは少なければいいとは思っていませんが、スッキリ暮らすために多過ぎもNGです。
自分の適量を持つために、安直な「ときめき判定」を手放すのはひとつの方法だと思っています。

*     *     *

このスカートはホントに久々の大物買いでした。

先週、このスカートを穿いて初めてお出かけしたんですが、うれしくてたまらないし、足取りは軽々。
すれ違う人に自慢したくなっちゃう感じ(笑)

元気をくれるスカートです。大切にしようっと**



【お知らせ】


■ご提供中のメニュー

オフィシャルサイトにてご案内中です。


■メルマガ『プリズム通信』(月1配信)

我が家の暮らしの仕組み化事例や、職場や自宅のワークスペースを整理するヒントをお届けします。
ご登録者様には、「我が家の仕組み」をまとめた小冊子(pdf)をプレゼント中!

オフィシャルサイトのメルマガ登録ページからご登録をお願いいたします。




ピックアップ記事

  1. 築24年・2DKの賃貸マンション。(まだ)新婚夫婦の新居の話。

関連記事

  1. 問わず語り

    権利が無かったから実感した「投票できること」の大切さ。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  2. 物との付き合い方(入手・処分)

    私にもできた!初めてのメルカリ。

    ※初出:アメブロ 2017/04/12ついに愛知県刈谷市→神奈…

  3. 家探し・家作り・引っ越し

    しみじみした気持ちにならないのは、すっかり日常になったからかも。

    ※アイキャッチ画像は愛知県で暮らした最後の日の昼ごはん&晩ごはん。…

  4. 問わず語り

    悩む・迷うという贅沢。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  5. 洋室(居間・リビング)

    イメージできないモノは原寸大で検証。我が家の壁掛け時計の話。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  6. 問わず語り

    日常生活で頑張らない/チャレンジ案件を頑張るのが2018のテーマです。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

最新の記事

  1. クローゼットオーガナイザーの衣類事情

    憧れの「白パンツ」。私を購入に踏み切らせた具体的なアドバイスは。
  2. 私の複業ライフ

    扱いがやっかいな「得意でも苦手でもないけど、けっこう楽しくて嫌いではない」ことを…
  3. クローゼットオーガナイザーの衣類事情

    さりげなく・オトナっぽく。頑張ってる感がないスカーフの巻き方を見つけました。
  4. 全景・全体

    築24年・2DKの賃貸マンション。(まだ)新婚夫婦の新居の話。
  5. スキルアップ

    だから「つたえる」と「きく」が大切なんだ。
PAGE TOP