暮らしの工夫&メンテナンス

ほぼ日手帳歴15年。タスクが増えた2015年から、手帳はあえてスケジュール欄が小さい「WEEKS」を選んでます。

個人宅の片づけコンサルティングや片づけ作業サポートをしている、
横浜在住のライフオーガナイザーⓇ・ヤマモトアキコです。

毎年9月1日は「ほぼ日手帳(1月はじまり)」の発売日です。

実は私、2003年からのユーザー。(2002年版が最初の商品なので、ほぼ毎年買ってます・笑)
この日に手帳を買うのはもう年中行事になっています。

ほぼ日手帳には現在、サイズや使用言語が異なる全4タイプがありますが、 私は
2003~2014年は文庫本サイズで1日に1ページが割り当てられている「オリジナル」を、
2015~2017年は長財布サイズで1週に見開き1ページ(スケジュール+メモ)な「WEEKS」を愛用中です。
WEEKSの手帳レイアウトは「レフト式」というみたいですね。(参考ページ

私がライフオーガナイザーⓇとして有償サービス提供を始めたのは2015年4月のこと。
会社勤めとの二足の草鞋だったので(いわゆる複業ですね)、毎日のタスクは山のようにありました

それにもかかわらず、スケジュール欄をダウンサイジングしたのには理由がありまして。。。

ダウンサイジングしたのは「タスクの詰め込み過ぎを防ぐため」。

この一言に尽きます(笑)

1日1ページが割り当てられている「オリジナル」には24時間の時間軸が引いてあるんですが、
これを見ていると私・・・24時間・365日を不眠不休で動き続けられるように錯覚しちゃうんです。

まあ、私はフツーの人の子なので無理に決まってるんですけど、思っちゃうものは仕方がない(笑)
時間貧乏性なんですよね。何かしていないと落ち着かない・手を動かしていない時間はムダ!みたいな。
実際のところは、モノゴトを継続しようとしたら休息も立派な時間の使い方なんですけど。。。

・・・閑話休題。

ともあれ、考え方の癖を変えるために「気をつける」のがよくある対処法かと思いますが、
そんな気合くらいで解消できるほど生易しいものではないことは、私にはわかっていました
経験上、自分ひとりの問題だと「気合」や「気持ち」で乗り切ろうとしてダメなことが多かったので。
他人のためとか他の要素が入るとできるんですけどね・・・自分には「ま、いいでしょ、大丈夫でしょ」と甘えるのかも。

だから物理的に、仕組みを変えてしまおうと思いました。
たくさん書き込める=たくさん稼働時間があると思ってしまうのであれば、書き込める量を制限する

単純な方法ですが、私には効果てきめんでした。
なんせ、1日当たりの書き込める面積は5分の1以下になりましたからね!(参考:旧=10×9.5cm→新=2×7cm)

実際の手帳のスケジュール欄はこんな感じ。
来年(2018年)の手帳を使い始めていると思われる、今年の年末のページにて架空のスケジュールを書いてみました。

午前・午後・夜の3分割で、私の字の大きさだとそれぞれ3つくらいの予定を入れるのが限界ですね。頑張りたくても頑張れない手帳です(笑)

さらに言うと、欄が小さいのでタスクもざっくりと、「xx作業」のようにしか書き込めません。
ということで・・・

タスクに付随する細かい手順や作業は手帳以外で管理しています。

「xx作業」などの内訳は、エクセルで一覧にしたり、裏紙(不要コピー用紙の裏)に書いています

あとで見返せるようにしたい内容(例:定期的な作業のマニュアル代わり、上司への報告)はエクセルで、
それ以外の雑務(例:Aさんに電話、提出資料メール送付)は裏紙に書くことが多いです。

手帳・エクセル・裏紙に共通するのは、終わったモノにマーキングしていくこと
手帳は蛍光ペン、エクセルは星取表欄にチェック、裏紙は項目に横線を引いて見え消しが私のルールです。

ちなみに、私の2018年用の手帳はこちらです。

ほぼ日手帳WEEKSのシルバーラメです。

こちらに別売りのクリアカバー「星めぐり」をかけて使うことにしました。

シックだけど地味過ぎなくて、ほどよくかわいらしさもあって、来年(正確には12月には使い始める)が楽しみです。

ちなみに。

手帳本体とクリアカバーのフィット感がイマイチなのが気になって。。。

馴染ませるためにクリアカバーをかけた手帳を、購入時に手帳本体が入っていたビニール袋に入れて保管しておくことにしました。

*     *     *

スケジュール管理というと、
細かく・きっちり・全ての予定を手帳に書き込むスタイルが多い印象ですが、
私のスケジュール管理はかなりゆる~~~い感じ。

でも、頑張り過ぎる人・熱中しやすい人が何かを長く続けるためには有効なのでは?と思ってます。

自分がどういう性格なのか・得意なことは何か・目指したいところはどこなのかを把握して、
自分と手帳のちょうどいい関係を作れるといいですよね**




【お知らせ】


■オフィシャルサイトを開設しました

ご提供中のメニューなどはオフィシャルサイトにてご案内中です。
どうぞ覗いてみてくださいね!



ピックアップ記事

  1. 築24年・2DKの賃貸マンション。(まだ)新婚夫婦の新居の話。

関連記事

  1. 暮らしの工夫&メンテナンス

    モヤモヤ気分や悩みごと。書き出すと解決の糸口が見えてくる。

    個人宅の片づけコンサルティングや片づけ作業サポートをしている、横浜…

  2. 暮らしの工夫&メンテナンス

    たっぷりイクラのお裾分け!醤油漬けは2つの調味方法を試してみました。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  3. 暮らしの工夫&メンテナンス

    雨の休日のお家時間に「スマホのホーム画面」をオーガナイズ。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  4. 暮らしの工夫&メンテナンス

    まるで箱のようなカゴバッグは、紙袋の2個使いで中を仕切って使いやすく。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  5. 暮らしの工夫&メンテナンス

    今年の私は家計「メモ」

    ※初出:アメブロ 2016/06/19大学を卒業した社会人初年…

最新の記事

  1. 私の複業ライフ

    私に「ちょうどいい働き方」を考える【その2:自分のキャリアに自信がない】
  2. 問わず語り

    人の暮らしと精神を安定させるために「ホーム」は必要不可欠なモノ。
  3. スキルアップ

    いくらでも向上させたい!コミュニケーション・ワークショップに参加し始めました。
  4. 暮らしの工夫&メンテナンス

    まるで箱のようなカゴバッグは、紙袋の2個使いで中を仕切って使いやすく。
  5. 好奇心を満たすお出かけ

    芸術の秋にきらめくビーズ作品を鑑賞!「インターナショナルビーズビエンナーレひろし…
PAGE TOP