問わず語り

権利が無かったから実感した「投票できること」の大切さ。

個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サポートをしている、
横浜在住のライフオーガナイザーⓇ・ヤマモトアキコです。

今日、2017年10月22日(日)は第48回衆議院議員総選挙の投票日でした。

台風が近づくなかの、大雨の投票日。
夫とふたり、付け焼刃的に選挙公報を読み、毎日新聞のえらぼーともやってみてから投票所に出かけ、
それぞれ一票を投じてきました。

*     *     *

選挙といえば、横浜市長選が今年7月にあったんですが、
告示日時点で転入してから3ヶ月経っていなかった私は参加する権利がなかったんです。

このときに驚いたのは、投票権を行使できないのは想像以上にイヤな気持ちになるということ。

もちろん、「うっかり重複して投票できてしまった」みたいなミスを防ぐ意図はわかっていたので、
1回くらいは仕方ないよね、巡り合わせが悪かったな、とか思っていたのに、
いざ夫のところに入場券が届くと「どうせ私は投票できないしぃ~」というやさぐれた気持ちに(笑)

たしかに暮らしているのに存在しないように扱われているような、透明人間のような気分
自分の生活にかかわることなのに主張することがゆるされていない、歯がゆさもありましたね。

今回の選挙に参加することで、やっと住民として認められたように感じました。新しい発見です。

*     *     *

ところで、選挙公報が届くのって投票日のちょっと前・・・結構ギリギリじゃないですか?

恥ずかしながら、これまでは元の勤め先の後援候補に投票することが多く、
選挙公報が読めなくても「まあいっか・・・」ということも多かったんです。

でも、いまの私はそういうしがらみ(?)は無い身。
もっと早く読めるといいのにな、なんて、勝手なことを思ったりしました。

もちろん、自分で情報を取りに行けばいいだけのことなんですけどね。。。
期日前投票しようとしたらなおさらだ~。




【お知らせ】


■オフィシャルサイトを開設しました

ご提供中のメニューなどはオフィシャルサイトにてご案内中です。
どうぞ覗いてみてくださいね!



ピックアップ記事

  1. 築24年・2DKの賃貸マンション。(まだ)新婚夫婦の新居の話。

関連記事

  1. 問わず語り

    日常生活で頑張らない/チャレンジ案件を頑張るのが2018のテーマです。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  2. 洋室(居間・リビング)

    夫婦一緒の家で過ごす初めてのクリスマスに向けたデコレーション。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  3. 価値観をあわせる・認める

    やらざるをえないとできるものだ。「晩ごはんを頑張らない」

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  4. 家探し・家作り・引っ越し

    しみじみした気持ちにならないのは、すっかり日常になったからかも。

    ※アイキャッチ画像は愛知県で暮らした最後の日の昼ごはん&晩ごはん。…

  5. 家探し・家作り・引っ越し

    「植え替え」と「根付き」と「枝葉を広げる」こと。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

  6. 問わず語り

    悩む・迷うという贅沢。

    個人宅の「散らかりにくい仕組みづくり」のコンサルティングや片づけ作業サ…

最新の記事

  1. 私の複業ライフ

    私に「ちょうどいい働き方」を考える【その1:働きたい!が大爆発】
  2. スキルアップ

    雄弁は銀、沈黙は金。そして、興味の方向が大切。
  3. 問わず語り

    悩む・迷うという贅沢。
  4. 価値観をあわせる・認める

    ついに我が家にもこの波が。「僕がゴミ出しをしていることにもっと感謝してほしい」
  5. 価値観をあわせる・認める

    やらざるをえないとできるものだ。「晩ごはんを頑張らない」
PAGE TOP