1K・賃貸アパートで一人暮らし

ありがとう・さよなら。【私の愛する1Kアパート】

※初出:2017/04/24アメブロ

今日は退去日。
7年5ヶ月の間、暮らしたこの家とも今日でお別れです。

この連載(アメブロにリンクしています)の中でも書いたとおりで、私はこの家が大好き。
悪いときはもちろん、良いときも、なんでもないときも、常にこの家は私の最大の味方でした。

最後に掃除をしてからちょっとお昼を食べに出かけて戻って、
アパートの管理会社の担当者さんが来るまでに1時間強の時間があったので、
家との別れを静かに惜しみました。何にもない床に転がってみたり。

*     *     *

管理会社の担当者さんの「7年以上住んでいたとは思えないほどキレイ」という言葉がうれしかった。

私は掃除が好きではないので、掃除が行き届いていたとはお世辞にも言えなかったんですが、
不思議なものであまり汚れない家だったんですよね~。そんなところも大好きでした(笑)

最終確認を終えたところで聞いたら、次の入居者は決まっているそうでした。
本当に私の家ではなくなったんだなと寂しい気持ちを抱えつつ。

実家に寄って母の手料理を噛みしめてから、夫の待つ横浜に移動しました。

*     *     *

そんなこんなで私のひとり暮らしはいったん終止符。

これからは横浜で夫とのふたり暮らしが始まります。
ふたりで暮らす2DKマンションを少しずつととのえていく様子もご紹介していきたいなと思います**
夫は片づけに重きを置いていないタイプなのでレポートのし甲斐がありそうな予感。。。



【お知らせ】


■ご提供中のメニュー

オフィシャルサイトにてご案内中です。


■メルマガ『プリズム通信』(月1配信)

我が家の暮らしの仕組み化事例や、職場や自宅のワークスペースを整理するヒントをお届けします。
ご登録者様には、「我が家の仕組み」をまとめた小冊子(pdf)をプレゼント中!

オフィシャルサイトのメルマガ登録ページからご登録をお願いいたします。




最新の記事

  1. 融合点を見つける

    変化を一緒に乗り越えて、私たちに「ちょうどいい夫婦ふたり暮らし」を作っています。…
  2. 2DK・賃貸マンションで二人暮らし

    ココしかない!というスキマを活用して全身鏡を置きました。
  3. 考えるコツ・ヒント

    どこに・何を・どんなふうに。私の「定位置決め」の思考の流れ。
  4. 複業ライフ

    私に「ちょうどいい働き方」を考える【その6:ようやく応募にこぎつける】
  5. 愛用品

    まるで箱のようなカゴバッグは、紙袋の2個使いで中を仕切って使いやすく。
PAGE TOP